インストール・導入ガイド

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索

ここでは、StarCraft2のインストール・導入方法やおすすめ設定などについて解説していきます。
なお、このガイドは拡張第二弾「Heart of the swarm」環境で画像を撮影しています。「Legacy of the void」では絵柄などが変わる可能性があるため、ご了承ください。
また「Legacy of the void」で大幅に導入方法が変わる場合はその都度更新します。もしこのガイドとは異なる形になっている場合はコメントで指摘おねがいします。

なお、体験版を遊ぶまでもなく購入予定の方、すでにWings of libertyHeart of the Swarmをお持ちの方は#製品版を購入しように飛んで下さい。


スターターエディション(体験版)を遊んでみよう

StarCraft2には、スターターエディションと呼ばれる体験版が存在します。この体験版では第一弾Wings of libertyのキャンペーンの最初の数ミッションが遊べるほか、VS AIとの対戦を全ての種族・ユニットを使用して遊ぶことができ、また友達との対戦も可能です。加えてCo-opモードというPvEの2人協力モードや、Arcadeと呼ばれるMODを使った多彩なカスタムゲームを遊ぶこともできます。ただしマッチングシステムを利用したランダムマッチングは不可能なので注意しましょう。

公式サイトに行こう

まずBattle.netの公式サイトに行きましょう→http://us.battle.net/en/ 

Battle.net.png

上のようなサイトが表示されます。StarCraft2を選びましょう。

Battle.netsc2.png

上のようなサイトが表示されます。画面右に「Try Free Now」という表示がありますので、ここをクリックしましょう。

Battl.netsc2-2.png

上のようなサイトが表示されます。「Play Free Now」をクリックしましょう。アカウント作成画面に移行します。

Battle.netアカウントを作成しよう

Battle.netアカウントは、全てのBlizzardのゲームで共通して使用するオンラインアカウントです。
StarCraft2をプレーするにはこのアカウントが必要なので、ここで作成しておきましょう。

Create.png

上のサイトがアカウント作成画面です。ここに必要な項目を記入していきましょう。
First name」は名前、「Last name」は苗字です。「Select a Question」「Secret Answer」はいわゆる秘密の質問とその答えです。答えだけでなくどんな質問を選んだかも必ず覚えておきましょう。
その下のチェックはニュースメールを受け取るかどうかなので、お好みでチェックするか外すか決めて下さい。全ての項目を記入したら、「Create a Free Account」をクリックしてください。アカウント作成完了です。

もしHearthstoneDiablo3などをプレーしており、Battle.netアカウントを既に持っている場合は、画面下部の「Already have an account?」からログインしましょう。。

ゲームクライアントをダウンロードしよう

#Battle.netアカウントを作成しようでアカウントを新しく作成した、もしくは既に持っているアカウントでログインした場合は、クライアントのダウンロード画面に移行します。

Clientdl.png

使っているOSがWindowsの場合は「Windows」を、Macの場合は「Mac」をクリックしましょう。クライアントのダウンロードが始まります。
ダウンロードできたら、ダウンロードしたファイルを実行してください。

Battle.net appとゲームクライアントをインストールしよう

#ゲームクライアントをダウンロードしようでダウンロードしたファイルを実行すると、下のような表示が出ます。

Startingbnet.png

この状態でしばらく待ちましょう。環境にもよりますが結構時間がかかることもあるので心配しないように。しばらく待っていると、次の画面に切り替わります。

Sc2install01.png

ここではBlizzard製ゲームをまとめて管理する「Battle.net app」をインストールします。インストール場所を確認し、これでOKなら「Continue」を押して下さい。インストールが始まります。
なお、既にBattle.net appを導入している場合、ここから先いくつかの工程は省略されます。
Battle.net appのインストールが終わると、ログイン画面が出てきます。

Sc2install04.png

先ほど登録したIDとパスワードを入力してログインしましょう。 ログインすると、Battletag設定画面に切り替わります。

Battletag.png

Battletagとは、Battle.netのユーザー名のようなものです。多くのゲームでそのままユーザー名になるので、よく考えて決めましょう。なお、StarCraft2においてはこれとは別のゲーム内IDを設定することができます。
Battletagを設定したら、Battel.net appが起動します。

Sc2install02.png

上の画像がBattle.net appです。この状態で待っていると、StarCraft2のインストールも自動で始まります。この画像で「Initializing...」となっている所が進行度バーです。 進行度が進むと以下のような感じになります。

Sc2install03.png

この状態ではまだ完全にはインストールが終了していませんが、「Play」のところが青く付いていればプレー自体は可能です。こうなったら始めてもいいですし、全て終わるまで待っても構いません。

以上でスターターエディションのインストールは終了です。お疲れ様でした!

スターターエディションを起動してみよう

さて、いよいよスターターエディションを起動してみましょう。Battel.net appを起動してください。

Sc2play01.png

まずはサーバーを選択しましょう。「REGION/ACCOUNT」をクリックすると、Americas,Europe,Korea&Taiwan,Southeast Asiaの4つからサーバーを選択できます。
どこでも構いませんが、日本人プレーヤーは主にAmericasサーバーもしくはKorea&Taiwanサーバーでプレーしています。どのサーバーでもいつでも自由に切り替えることが可能ですが、サーバーごとにユーザーデータは別になります。

サーバーを選択したら、「Play」をクリックして起動しましょう。

初期設定をしよう

起動して少し経つと下のような画面になります。

Sc2play02.png

いわゆるユーザー規約のようなものです。しっかりと熟読し(読まないとは思うけど)、OKならば一番下までスクロールさせたうえで「ACCEPT」を押して下さい。次の画面に切り替わります。

Sc2play03.png

製品版にアップグレードしませんか?というお誘いです。もちろん買う気満々ならここで「UPGRADE NOW!」しちゃっても構いません。その場合、Battle.net公式サイトの購入ページに飛びます。
続ける場合は、とりあえず「CONTINUE」を押しましょう。押すと画面が切り替わります。なお、この画面はスターターエディションでは事あるごとに出てきたりします。気に入ったら買ってあげてね。

Sc2play04.png

ここではStarCraft2内のユーザーIDを決めます。これはBattletagとは異なるもので、StarCraft2内で表示されるユーザー名です。他の人とかぶってもOKなので好きなものをつけましょう。
変えられないかも、と書いてありますが、製品版になるとシーズンに1度無料ユーザー名変更権が貰えるのでご安心を。決まったら「CONFIRM」をクリックしましょう。
初回起動時の場合はチュートリアルに移行します(しない場合はメイン画面に移ります)。

Tutorial.png

上の画像がチュートリアル画面です。ごくごく基本の操作が学べるので、是非やっておきましょう。なお、チュートリアルはいつでもやり直せるのでQUITしてしまっても安心です。
チュートリアルを終えたい場合は「QUIT」をクリックしてください。メイン画面に移行します。

Sc2play08.png

上の画像がメイン画面です。様々なメニューがあり、すぐに遊んでもいいのですが、やっておきたい初期設定がもう少しあります。右下の「Menu」を開き、「Option」から「Gameplay」を選んで下さい。

Sc2play09.png

ここはゲームプレイでの様々な要素を設定する場所です。基本的に好みの設定でいいのですが、上の画像で赤字で記述してある要素に関しては、その通りにすることをオススメします。

Optionではその他グラフィックやサウンドの設定なども行えます。自分のハードウェアに合わせた設定にしてください。
設定が終わったら「OK」をクリックしましょう。以上で基本的な初期設定は終了です。ホットキーなど他にも設定できる要素はありますが、ゲームに少し慣れてからでもOKかと思います。

メイン画面に戻ってきました。

Sc2play10.png

さぁ、設定も終わりあとは遊ぶだけです!各モードの説明を少しだけしておきます。

  • ①CAMPAIGN:ストーリーモードが遊べる。スターターエディションでは「Wings of liberty」の最初の数ミッション、「Legacy of the void」のプロローグミッションが遊べる。

製品版では持っている拡張版に応じたキャンペーンを遊ぶことができる。また、ここから各拡張版を購入することもできる。
(もし「Legacy of the void」しか持っていない場合、遊べるキャンペーンは「Legacy of the void」のものだけです。「Wings of liberty」や「Heart of the swarm」のキャンペーンが遊びたい場合はその拡張版の購入が必要になります。)

  • ②CO-OP:スターターエディションでは遊べない。製品版では2人で協力してミッションをクリアしていく「Allied Commander」モードが遊べる。
  • ③MULTIPLAYER:対戦プレーが遊べる。スターターエディションでは初心者向けの「TRAINING」と実力に応じた「VERSUS A.I.」モード、友達と対戦する「CUSTOM」モードが遊べる。

製品版では同じくらいの実力の相手と対戦できる「Ranked」モード、同じく同程度の実力と練習対戦できる「Unranked」モード、自動生成トーナメントに参加できる「TOURNAMENTS」モードが遊べる。

  • ④ARCADE:多彩なカスタムゲームが遊べる。マイクロの練習をするようなものから、パズルゲーム、シューティングゲーム、レースゲーム、サッカーゲームのようなものまで盛りだくさん。スターターエディションでも全ての要素が使用可能。
  • ⑤REPLAYS:試合のリプレーを見ることが出来る。
  • ⑥チャット欄:チャットができる。起動時に「General」チャットに自動入室し、会話の内容がここに流れてくる。詳しい使い方は省くが、特定の部屋に入室したい場合は/join ◯◯ とタイプすればよい。日本語入力も可能だ。
  • ⑦プロフィール:自分のゲームデータを確認できる。マッチヒストリーや得た実績・ポートレート、ラダーの戦績など。


どのように遊んでも自由ですが、まずはトレーニングモード、VS AIのレベルの低めのものなどを遊ぶのがいいかもしれませんね。スターターエディションをお楽しみください!

製品版を購入しよう

スターターエディションはどうでしたか?面白かった、是非製品版も欲しいという方のためにこちらの項目で解説します。
製品版を購入するルートはたくさんありますが、ここでは公式サイトから購入する場合について解説します。なお、これはBattle.net app内の「Shop」から購入する場合もほぼ同じです。

ショップを開こう

まずBattle.netの公式サイトに行きましょう。→http://us.battle.net/en/ 
ここから画面上の「SHOP」をクリックし、画面が切り替わったら「StarCraft2」をクリックしてください。次の画面になります。

買う製品を選ぼう

Sc2buy01.png

4つ製品がありますが、最新作「Legacy of the void」を購入する場合は選択肢は矢印のついた2つのどちらかになります。
(もちろん、「Wings of liberty」「Heart of the swarm」のみ購入することも可能です。特定のキャンペーンのみを遊びたい場合やLotV発売までHeart of the swarmのマルチを遊びたい場合など。)

  • StarCraft2:Legacy of the void・・・シンプルに「Legacy of the void」のみを購入する場合はこちらを。「Legacy of the void」のキャンペーンとマルチプレイヤーモードが遊べる。

ストーリーモードに興味がない場合はこちらでOK。29.99ドルの通常版と、ゲーム内で使える特別スキン、ポートレートや他のBlizzardゲームで使えるアイテムがついた39.99ドルのDigital Delux版もある。(Digital Delux版は既に販売終了しています。)

  • StarCraft2:The Complete Collection・・・ストーリーモードも全て楽しみたい場合。「Wings of liberty」「Heart of the swarm」「Legacy of the void」全てのキャンペーンとマルチプレイヤーモードが遊べる。

39.99ドルの通常版と、ゲーム内で使える特別スキン、ポートレートや他のBlizzardゲームで使えるアイテムがついた59.99ドルのDigital Delux版もある。

プレースタイルに合わせて好きな方を購入しましょう。ここでは通常版の「Legacy of the void」のみを購入する例で進めます。購入したい製品をクリックしたら次の画面に進みます。

購入しよう

Sc2buy02.png

通常版かDigital Delux版、好きな方にチェックを入れてから「Purchase」をクリックしましょう。(注:本稿執筆時はまだ発売されていないため、「Pre-Purchase」になっている。
)次の画面に移る前にもう一度パスワードを聞いてくることもあります。その場合パスワードを入力すると、次の画面に移ります。

Sc2buy03.png

しつこいことにもう一度聞いてきます。買いたい方をクリックすると、支払い画面に移ります。

Sc2buy04.png

支払い方法をPaypal CreditCard Blizzard Balanceから選び、支払情報を登録してください。
PaypalならPaypalアカウントを、CreditCardならカード情報を入力することになります。VプリカやMasterCardプリペイドを使用する場合もCreditCardから情報を入力します。
Hearthstoneの情報サイトですが、このページも参考にしてください→Hearthstone Express 有料コンテンツと支払い方法の登録

支払いが終了したら、後は指示に従って購入を進めてください。(画像は無いのかって?筆者にはこのためだけにもう40ドル払うだけの財力がない。許して欲しい。)
購入完了後、(おそらく)クライアントをダウンロードできるページに行くと思われます。スターターエディションをダウンロードしていない人はここでダウンロードし、インストールを進めてください。
進め方は本記事スターターエディションの項目とほとんど同じなので参考にしてください。スターターエディションの人は何もしなくてOKです。スターターエディションが自動的に製品版にアップグレードされているはずです。
実はスターターエディションと製品版は中身は何も変わらず、あくまでアカウントのライセンスによってできることが変わる、という仕組みだったりします。

なお、まだ発売日(2015/11/10)前でPre-Purchaseした場合は、スターターエディションはアップデートされません。(発売日にLotV製品版にアップグレードされるはずです)
ただPre-purchaseした人はLegacy of the voidのβ版を遊ぶことができます。β版のクライアントをダウンロード・インストールしてから遊んで下さい。LotVβ版はBattle.net appのサーバー選択の所から選ぶことができます(クライアントのインストールもそこから可能です)


購入できたかの確認

出てくるのが英語ばかりなため、本当に購入できたか不安な人もいるかと思います。実際起動してみる他に、アカウント情報から購入できたか調べる方法もあります。このアカウント情報の確認の仕方は知っておいて損はないのでここで紹介します。

まずは公式サイトにログインし右上をクリックすると以下の様な画面になります。

Sc2buy05.png

ここで「Account Setting」をクリックすると、次のような画面に移ります。

Sc2buy06.png

この画面ではBattle.netアカウントのゲームの保有状況を知ることができます。この画面で「StarCraft2」の所に注目すると

Sc2buy07.png

筆者は「Digital Delux Edition」を購入ましたが、通常版なら「Standard Edition」とここに表示されます。どちらか買った方が表示されていれば購入済みとなります。

ちなみにスターターエディションのままだとこうなっています

Sc2buy08.png

これだと未購入ということになります。お金を払ったのにこうなっている場合はBlizzardに問い合わせてみてください。

購入完了!

無事に購入できましたか?この記事が助けになったのであれば幸いです。では、StarCraft2:Legacy of the voidをお楽しみください!