中国チームリーグ「China Team Championship 2019」の開催が告知されました。

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索

Summary

詳細

プロリーグの終了からはや2年以上が経ちました。
プロリーグ終了後もWCSやGSLなどの個人戦は変わらず盛り上がっていますが、あのチームリーグの熱狂が忘れられない人も多いのではないでしょうか。
そんなあなたに朗報です!中国で、7チームが参加するオンライン&オフラインチームリーグが開催されることになりました!
参加するのはInvictus Gaming,Newbeeなどの中国大手ゲーミングチームに加え、韓国からJin Air Greenwings、さらに海外チームとしてPsistorm Gamingも参戦。
中国チームには多くの韓国選手が既に加入しており、ハイレベルな戦いが期待されます。詳細を詳しく見ていきましょう。

大会形式

大会はオンラインのレギュラーシーズンとオフラインのプレーオフの2つによって構成されます。共通するルールとして

  • 中国(台湾・香港・マカオ含む)選手が最低1人各試合のラインナップに含まれなくてはならない。

というものがあります。3人全部韓国選手、というのはNGということです。

レギュラーシーズン

  • 7チームによる総当たり戦で、オンラインで行われる。
  • 3人のプレーヤーがBo2の試合を1試合ずつ計3試合行い、マップスコアが多いチームが勝利となる。3-3となった場合はエースマッチを行う。通常の勝利で勝ち点3、エースマッチでの勝利で勝ち点2を得る。

プレーオフ

  • レギュラーシーズンの1位vs4位、2位vs3位が初戦を行うシングルエリミネーショントーナメントで、オフラインで行われる。
  • 1回復活可能なオールキルフォーマットで行われる。

参加チーム&ロースター

一番気になる参加全7チームと所属選手を見ていきます。

Invictus Gaming

  • 参加選手:Picon small.pngMacSed/Zicon small.pngiAsonu/Ticon small.pngXY/Picon small.pngJim/Ticon small.pngCofee/Zicon small.pngXiGua/Picon small.pngRushcrazy

言わずと知れた中国の最大手Eスポーツチーム。League of LegendsやDotA2チームが有名。LoLチームはなんと昨年韓国チームを下してワールドチャンピオンになったほど。
SC2チームに関して最近はほとんど名前を聞くことはなく、もう撤退したんだろうとなんとなく思っていたがそんなことはなく、昔から契約している選手が現在も在籍し続けている。ありがたい。
ロースターはみな中国選手で古株が多いため、韓国選手が多い他チームに比べると厳しい戦いになるかもしれないが、中国を代表するチームとして頑張ってほしいところ。

Jin Air Greenwings

  • 参加選手:Ticon small.pngMaru/Zicon small.pngRogue/Ticon small.pngCure/Picon small.pngsOs/Picon small.pngCreator/Picon small.pngTrap/Zicon small.pngRex

プロリーグにも参戦していた韓国のEスポーツチーム。他プロリーグ参加チームがSC2から撤退する中、唯一サポートを続けてくれている。大変ありがたい。スポンサーは航空会社の「Jin Air」。
Maru,Rogue,sOsらトップクラスの韓国選手が在籍し、ダントツの戦力を誇る文句なしの優勝候補チーム。中国人選手が必ず1人出場する必要があるルールのためにRexを獲得した。
ルール上Rexは出ずっぱりになるはずなので、彼の成長もメンバー通りの活躍ができるかどうかの鍵になりそうだ。

Newbee

  • 参加選手:Picon small.pngDear/Zicon small.pngScarlett/Ticon small.pngTIME

こちらも中国の大手ゲーミングチーム。DotA2チームが有名でThe Internationalを制覇したこともある。今回のチームリーグ発足に先駆けて2018年にSC2部門を設立した。
メンバーは3人なので全員出ずっぱりだが、3種族にバランス良く強プレーヤーが揃っている。実力が劣りがちな中国プレーヤー枠に若く能力の高いTIMEがいるというのは大きいだろう。
数少ない欧米プレーヤーとしてScarlettも参戦。なんで中国チームに入ったんだろう?と思ったらこういうことだったわけですな。

Player1

  • 参加選手:Picon small.pngPartinG/Ticon small.pngFanTaSy/Ticon small.pngFirefly

今年設立のチーム。情報がほとんど無いが、どうもNETEASE Esportsの一部門のようだ。プレーヤーは既にチームジャージを着用していたので多分大丈夫なチームでしょう。
MOBAゲーから帰ってきたPartinGと軍隊から帰ってきたFanTaSyの帰還勢チーム。Fireflyはここ数年で頭角を現してきた中国プレーヤーのようだ。
ザーグが居ないのが気になるが、帰還勢2人の実力が戻り、Fireflyが成長していけば戦えるチームになりそうなチーム。

PSISTORM Gaming

  • 参加選手:Picon small.pngSakura/Zicon small.pngTRUE/Ticon small.pngGuMiho/Zicon small.pngRagnaroK

唯一アメリカから参戦するチーム。ハースストーン部門やCSGO部門もあるようだ。謎が多いチームだが長く運営しており、ビザ取得のサポートなども行っている。オーナーが大金持ちと聞いたことがあるけどほんとじゃろうか
GSLチャンピオンのGuMihoにココ最近調子が良いRagnaroKと好プレーヤーを要する。中国枠のSakura選手はもともとTATPというIDで活動していた選手のようだ。詳細は不明。
本来香港プレーヤーのBistork選手が加入するはずだったが、Bistork選手のMatch Fixing行為が発覚したためオジャンになった。ケチが付いてしまったが、気を取り直して頑張ってほしいところ。

TSGaming

  • 参加選手:Picon small.pngCloudy/Zicon small.pngSolar/Ticon small.pngHickok/Picon small.pngherO/Zicon small.pngApplogize

正式名称は「Triumphant Song Gaming」。中国のゲーミングチームで、LoLチームは中国2部LDLでプレーをしている。今回のチームリーグに合わせて今年SC2部門を設立。
herO,Solarと2人のワールドクラスプレイヤーが在籍する有力チーム。Coludy,Appologize,Hickokの3人が中国プレーヤーとなる。
herO,Solarの実力は他チームの韓国選手と比べてもトップクラスなので、3人の中国選手がどれだけ成長・活躍できるかに注目したい。

Ocean Gaming

  • 参加選手:Picon small.pngZest/Zicon small.pngSilky/Ticon small.pngSpeCial

今年設立の中国チームのようだが、なんにも情報が無い。SpeCialはこないだチームが契約延長してくれなくて残念、と言っていたばかりなので本当に急に決まったのだろう。大丈夫なのかしら?
3種族に1人ずつ選手がおり、エースプレーヤーとしてZestを有するほか、Blizzconでの活躍も記憶に新しい2人目の欧米プレーヤーSpeCialも在籍。Silkyが中国枠の古株ザーグプレーヤーだ。
よくわからないチームで心配だが、一番心配なのはSpeCialが抜けると試合ができなくなってしまうこと。彼にとって14回目の新チーム、今度は長続きするとよいのですが・・・

スケジュール・配信

基本的には日本時間の20:00から試合開始。開催日時は土曜・日曜がほとんどです。
中国語配信:http://www.douyu.com/scboy
英語配信:https://www.twitch.tv/wardiii

  • レギュラーシーズン

4/14,4/15,4/22,4/23,4/27,4/28
5/4,5/5,5/11,5/12,5/25,5/26
6/1,6/2

  • プレーオフ

6/11,6/12

※日程は変更の可能性あり。

賞金

1st: CNY 90,000 (~$13,422)
2nd: CNY 60,000 (~$8,948)
3rd: CNY 50,000 (~$7,457)
4th: CNY 50,000 (~$4,474)
5-7th: CNY 20,000 (~$2,982)

Total: CNY 290,000 (~$43,250)

筆者の感想

ついに告知されましたこのチームリーグ。韓国選手が次々に中国チームに加入していたので、開催は間違いないとは思いながら半信半疑でしたが、ようやく表に出てきましたね。
賞金額はそこまで多くないですし、レギュラーシーズンはオンラインと、プロリーグと比べてしまうとちょっと物足りない面もありますが、
安定した人気を誇る中国SC2シーンが更に盛り上がる要素になり得ること、プロリーグ終了後、チームを得られないことも多かった韓国選手が多く中国チームに獲得されていること、
何よりまたあのチームリーグの熱狂が楽しめるんじゃないかという期待もあり、とてもいいニュースだと思います。
シーズン2の開催も既に決定しているほか、シーズン1はテストランという意図もあるようですので、盛り上がれば今後はさらなる拡張も期待できるのではないでしょうか。
個人的にはさらなるチームの参戦、例えばTY,Statsを有するSplyceとか・・・も期待したいです。
試合時間は夜8時からと日本からも見やすいのも嬉しいですね(ただし日曜開催のときはLWJとかぶるのでみんなLWJも忘れないでね)。
中国がEスポーツ先進国として存在感を増し続ける今、この大会が盛り上がり成功すれば、今後のSC2シーンにとって非常に大きな出来事になると思います。
開始まで後1ヶ月ちょいありますので、みんな楽しみに待ちましょう!