Carrier

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索


ProtossIcon.pngCarrier
Carrier.png
ユニット分類空中ユニット
ユニット属性Armored-Massive-Mechanical
生産建物Stargate
必要な建物Fleet Beacon
コストMinerals.gif350Vespene-terran.gif250Buildtime terran.gif64Supply-protoss.gif6
対地上攻撃

5(+1)(x2)(x8 Interceptor)

攻撃間隔(対地上)2.14 (Interceptorの1体の攻撃間隔)
  • 0.27 (Interceptorの射出間隔)
対地上DPS

37.4 (Interceptor8体の値)

対空攻撃

5(+1)(x2)(x8 Interceptor)

攻撃間隔(対空)2.14 (Interceptor1体の攻撃間隔)
  • 0.27 (Interceptorの射出間隔)
対空DPS

37.4 (Interceptor8体の値)

射程8
耐久力Icon Shields.png150Icon Hitpoints.png300Icon Armor.png2(+1)
ホットキーC
移動速度2.62

ユニット紹介

プロトスの航空母艦である。
Carrier自体に攻撃能力は無くInterceptorという艦載機を射出し攻撃する。
足が遅く非常に高コストではあるが、StarCraft2の中で最も強いユニットの一つである。
もし10隻を超えるCarrierの大艦隊にMothershipを加えることが出来れば、StarCraft2での究極の戦力が手に入るだろう。

InterceptorMinerals.gif15を使って生産しなくてはならないが(オートキャストにすれば自動生産可能)8体揃った時のDPSは非常に強力。
また敵がアタックムーブするだけだとInterceptorを攻撃してしまうためCarrierにはダメージが入らない場合が多く、
敵にCarrier自身をフォーカスするマイクロを強いることもできる。

コストが非常に高く生産時間も長め。さらにとても足が遅いため、簡単に失うわけにはいかず、慎重な運用が求められる。
NexusのMass Recallはまさにそのようなユニットの機動力、生存能力を補うのにうってつけのスキルだといえるだろう。
また資源が無いとInterceptorが生産できずこんなことになりかねないので注意しよう。

アビリティ

Build Interceptor
Train interceptors.gif
Minerals.gif 15
Vespene-protoss.gif 0
時間: 6
ホットキー: I
Carrierの攻撃対象を自動で攻撃するInterceptorを製造する。Interceptor無しではCarrierは攻撃出来ない。

Interceptorを最大8体まで製造できる。コストはMinerals.gif15とはいえ、タダでは無いので資源には気をつけよう。
Interceptor自体はオートキャストで勝手に製造してくれる。
パッチにより生産時間が少し伸びた。失った後のリカバリーに時間がかかるので注意しよう。
詳しくはInterceptorのページで。

使い方

Vs.TerranIcon.png Terran

Vs.ProtossIcon.png Protoss

Vs.ZergIcon.png Zerg

ユニット設定

威容を誇るCarrierはProtoss艦隊の司令本部を務めている。重武装と強固なシールドを備えたCarrierは、Interceptorを出撃させることで敵の守りを打ち砕く。
Interceptorは高い機動力を備えたコンピューター制御の兵器であり、プラズマ弾を用いて敵空軍や動きの遅い地上軍に壊滅的な打撃を与えることができる。InterceptorCarrier内部で自動的に生産・配備され、次々と発射される。
戦闘時にCarrierは蜂の巣の様な状況になる、というのもInterceptorが慌ただしく出撃と帰還を繰り返し、攻撃と修復をかわるがわる行っているからだ。

Interceptor
この敏捷なロボット戦闘機は自動生産施設で製造されている。この施設はCarrierの格納部に直結しており、優秀なKhalaのエンジニアが整備と出撃操作を担う。
Interceptorは、2対の小型プラズマ砲と高度な目標捕捉サブルーチンを備えたAIを装備している。ここでプラズマ砲が小型なのは、重武装では機動性を低下させてしまうためだ。
一部のInterceptorには独立した砲撃制御回路が組み込まれており、敵軍が妨害電波を発した場合や、Interceptorの中央処理装置を破壊した場合でも砲撃を続けることができる。
重力子カタパルト(Graviton Catapult)
ZergがProtossを侵略して以降、戦闘中のCarrierの効率を改善する方法をProtossは探し求めていた。
Interceptorの出撃及び回収を高速化することに集中した結果、重力子カタパルトが完成した。この装置は重力子の特性を利用し、Interceptorを素早く展開させることができる。
強化外装
Khalaの職人は、高密度合金を湾曲した分厚い装甲へと注意深く加工していき、その際に超高温を用いて、強度を低下させ得る構造的な欠陥を取り除いていった。
その後、この合金には様々な気体と物質を用いた複雑な表面処理が行われる。完成した外装は物理的、熱的あるいは生物的な攻撃によって容易に傷つくものではなくなっている。

出典 http://us.battle.net/sc2/en/game/unit/carrier

セリフ集

パッチによる変更履歴

  • 2016/11/22 Release Interceptorsアビリティが削除され,Interceptorの生産コストがMinerals.gif25からMinerals.gif5に減少しました。
  • 2016/12/20 Interceptorの生産コストがMinerals.gif5からMinerals.gif10に増加しました。
  • 2017/11/14 Interceptorの生産コストがMinerals.gif10からMinerals.gif15に増加しました。

2018/11/21

  • 25pxGraviton Catapult(Interceptorの射出速度アップ研究)アップグレードを削除。
  • ヒットポイント及びシールド:250/150→300/150に増加。
  • 製造時間:86秒→64秒に減少。
  • Interceptorの生産時間:6秒→11秒に増加。
  • Interceptorの射出間隔:0.36→0.27に減少。