Hatchery

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索

ZergIcon.pngHatchery
Hatchery.png
コストMinerals.gif300Vespene-terran.gif0Buildtime terran.gif71
耐久力Icon Hitpoints.png1500Icon Armor.png1
属性Armored,Structure,Biological
ホットキーH
生産可能ユニット
変異先
開放テック


建物紹介

ザーグの最も基本となる基地であり、あらゆるユニットの生産施設でもある建物である。
テックの第1段階で、建てるとサプライが6増え破壊されるとその分のサプライを失う。

建設完了時に周辺にCreepが広がり、別の建物を建てたりCreepを更に広げるための基盤となる。
ユニットの幼虫であるLarvaを11秒毎に1つ生みだす。(HatcheryにプールされているLarvaが2個以下の場合のみ)
Queenが生産可能であり、Queenの持つ生産を増やすスキルを使った場合、最大19個のLarvaを貯めることができる。

他の種族に比べてミネラルが100少ないMinerals.gif 300で建設可能なので、ザーグはベースを増やすのが有利である。
しかし他の種族よりユニット自体が撃たれ弱いことと、建物を建築するたびにワーカーが失われる仕様のため、
他の種族よりベースを一つ多く建てることにより、ゲームバランス的にやっと同等になると言われている。

Hatcheryの数が少ないとLarvaも不足してくるため、いくら資源があってもユニットが作れない状態になるため、
ザーグにとって生産施設でもある基地を出来るだけ沢山増やすことは、他種族以上に非常に重要なことである。
Larvaを増やすためHatcheryを資源地以外の場所に複数建てることもあり、これをMacro Hatcheryと呼ばれている。

また、テックを上げHatcheryLairHiveと変異させることで耐久力が上がる。(変異でサプライは増えない)

  • 資源回収施設
  • 軍、ワーカーを含む多くのユニット生産施設
  • クリープの拡張開始拠点
  • 上位テックの解禁施設
  • 二種の基盤スキルの研究

等々、他の種族に比べて多くの機能が集約されている。

ゲームの最初期はサプライを増やすためにミネラル100を消費してOverlordを生産するよりも、
セカンドを早いうちに建てサプライをHatcheryによって増やした方が、
生まれるLarvaの数が倍になる上にQueen量産など後々有利になることも多いため、
最近ではプロの試合でも即セカンドのオーダーを取ることが多くなってきている。



Minerals.gif 150 Vespene-zerg.gif 100でLairに変異でき、さらなるアップグレードや建物を開放する。

ユニット Minerals / Vespene Gas / Supply Build Time キー
生産可能ユニット
Larva 自動生産 11
Queen 150/0/2 36 Q

アビリティ

Mutate Into Lair
Mutate Into Lair.png
Minerals.gif 150
Vespene-terran.gif 100
時間: 57
ホットキー: L
HatcheryLairに変異させ、さらなるアップグレードや建物を開放する。

この建物で可能なアップグレード

Burrow
Burrow.png
Minerals.gif 100     Vespene-zerg.gif 100     Buildtime zerg.gif 71 Hotkey: B
研究施設: Hatchery
ザーグの地上ユニットがBurrowを使えるようになる。

ワーカーも含む全てのザーグ地上ユニットが等しく能力を獲得する。
多くのユニットはBurrow中には移動も攻撃もできない状態になるが、移動や自爆、スキルの使用等が可能なユニットも存在する。他にもワーカーをバロウさせてハラスを回避したり等、ザーグユニットの可能性を更に広げる事が出来る。

Pneumatized Carapase
Pneumatized Carapase.png
Minerals.gif 100     Vespene-zerg.gif 100     Buildtime zerg.gif 43 Hotkey: P
研究施設: Hatchery
OverlordとOverseerの移動速度をそれぞれ2.634.72に増加させる。

パッチによる変更履歴