Drone

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索

ZergIcon.pngDrone
Drone.png
ユニット分類地上ユニット
ユニット属性Light-Biological
生産建物Larva
コストMinerals.gif50Vespene-terran.gif0Buildtime terran.gif12Supply-zerg.gif1
対地上攻撃

5(+0)

攻撃間隔(対地上)1.07
対地上DPS

4.67 (+0)

対空攻撃

なし

射程Melee
耐久力Icon Hitpoints.png40Icon Armor.png0(+1)
ホットキーD
移動速度3.94

ユニット紹介

ザーグのワーカーユニットで資源の採集を行う。
他の種族同様、攻撃能力は一応あるが大変弱く耐久力もあまりない。

また他の種族とは異なり、ワーカー自身があらゆる建築物に変異する。
建物を建築するたびにワーカーがどんどん失われるので、ザーグは他の種族よりワーカーを増やすのが不利になっている。
しかもテランはMULEが召喚できるし、プロトスにはChrono Boostでワーカーの量産をブースト出来るので、
特に建物を色々建築しなければならない序盤においては、
多種族よりワーカー生産をかなり頑張らないと、同等の資源採取能力が得られない仕様になっている。

全てのザーグの建築物とユニットがそうであるように、常に1秒ごとに1のHPが回復する特性を持つ。
三つの種族のワーカーの中で唯一、戦闘中にもHPが回復するため、1対1でマイクロせずにただ殴り合うだけなら三種族中もっとも強いワーカーと言える。

アビリティ

Gather
Gather.png
ホットキー: G
ワーカーやミュールが選択されたミネラルパッチまたは、ガス口から資源を収集する。

資源を右クリックでも収集指定できる。

Basic Mutation
Basic Mutation.png
ホットキー: B
ワーカーがBasic Buildingsを建築/ワープイン/変異します。

変異にはDroneを一体消費することになる。Hatcheryを除き、建築物への変異はCreep上でなければならない。

Advanced Mutation
Advanced Mutation.png
ホットキー: V
ワーカーがAdvanced Buildingsを建築/ワープイン/変異します。
Burrow.png
ホットキー: R
地面にもぐってクローク状態になる。ユニットによって、移動できたり攻撃できたりする。ユニットによってもぐる速度が違う。

ハラスへの対処法の一つ。どんな時でも諦めずに生き残ることを目指そう。

アップグレード

Burrow
Burrow.png
Minerals.gif 100     Vespene-zerg.gif 100     Buildtime zerg.gif 71 Hotkey: B
研究施設: Hatchery
ザーグの地上ユニットがBurrowを使えるようになる。

使い方

Vs.TerranIcon.png Terran

Vs.ProtossIcon.png Protoss

Vs.ZergIcon.png Zerg

ユニット設定

Eldersthineに生息する獰猛な生物Gashyrr Waspは、資源の回収役として当初Swarmに組み込まれた。時間が経つにつれ、もともとの遺伝情報を破壊するLarvaの性質が彼らをDroneへと変化させた。
Droneは自身をZergの基本的な建造物へと変化させる。変異中のDroneにはクリープが必要で、そこから新しい建造物のための栄養と組織を吸収する。
Larvaと同じくDroneOverlordに本能的なテレパシーを通じて進化を管理されている。Droneは自らの作業にのみ関心があり、激しい戦いの下やHiveが破壊されそうな状況でも、黙々と仕事をこなしている。

はさみ
DroneのはさみはLarvaの下顎が少し進化したものであり、物体を掴んだり運んだりすることができる。さなぎの過程で骨組織が硬化し、その硬さゆえにDroneは鉱石を簡単に削り取り、危険にさらされたときには自分の身を守ることが可能だ。
安定膜
Gashyrr Waspは惑星Eldersthineの至る所に巣を作って暮らす、空飛ぶ獰猛な虫であった。
Swarmに同化された後、Droneの飛行能力は少し浮遊できる程度に退化した。彼らの翼と脚は水かき状の膜になり、動作中の安定を保っている。
詳細な分析によると、Creepのような適切な栄養源のもとで建造物を素早く展開することを上述の膜は可能にしている。
巣のDNA
Gashyrr waspの労働階層は、化合物B-5801と呼ばれる物質を分泌する腺を持っていた。この化合物は分泌後も数年間残るだけの耐久性を備えており、この物質のお陰でDroneは緩慢ではあるが素晴らしい建築担当種になった。
最新の調査で遺伝子の切断と操作の跡が見つかっている。この操作は化合物B-5801を維持し巣の建造速度を飛躍的に高めているが、Drone自身はあらゆる建造物の基礎へと消費されてしまう。
浮き袋
この特殊な器官は、Drone周囲の重力を阻害する低周波数のエネルギーを放出している。Droneは体を波打たせ余剰エネルギーを推進力として用いることで、空中を泳ぐように移動する。

出典 http://us.battle.net/sc2/en/game/unit/drone

セリフ集

パッチによる変更履歴