Hydralisk

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索


ZergIcon.pngHydralisk
Hydralisk.png
ユニット分類地上ユニット
ユニット属性Light-Biological
生産建物Larva
必要な建物Hydralisk Den
コストMinerals.gif100Vespene-terran.gif50Buildtime terran.gif24Supply-zerg.gif2
対地上攻撃

12(+1)

攻撃間隔(対地上)0.59
対地上DPS

20.34 (+1.69)

対空攻撃

12(+1)

攻撃間隔(対空)0.59
対空DPS

20.34 (+1.69)

射程5(+1)
耐久力Icon Hitpoints.png90Icon Armor.png0(+1)
ホットキーH
移動速度3.15(+1.57 on Creep)
  • 3.94(+1.97 on Creep)

ユニット紹介

射程の長いザーグの弓兵ユニットである。とはいえ射程アップグレード後に
やっとStalkerMarauderと同じになる程度の射程距離ではあるがRoachよりは長くなる。

口から矢のような物を高速で発射し、直接攻撃する時は爪を使って攻撃し、
DPSも高くRoachの約2倍程度あるため強力な攻撃力を持ち、
対地・対空ともに攻撃可能で、小回りも効きクリープ上では移動速度も良好である。

しかし、Light属性でHPは90と言う極めて低い耐久力のため非常に撃たれ弱く範囲攻撃にも弱いため、Hydraliskだけで戦線を支えるのは厳しい。
そのため耐久力のあるユニットを壁として前衛に展開して、後方から攻撃をさせるのがベストと言えるだろう。

ちなみに、揃えやすくて装甲の硬いRoachはアップグレードを共有する上に、Hydraliskの方が射程が長いため、
アタックムーブすると自然に前衛にRoach・後衛にHydraliskと言う理想的な配置になり、
対地対空ともに攻撃可能で汎用性が高いため、ザーグの地上部隊を作る上では定番の組み合わせとなっている。

また、いくつかのプロの試合でも見られるが、
あえてHydraliskを大量生産して数で圧倒し、高DPSと長射程に特化した軍構成にしてもかなり強い。
出来るだけ数多く出せば個々のダメージは分散出来るため、打たれ弱くても意外と持つためだ。
しかし、範囲攻撃で一網打尽にならないようにしっかりマイクロ操作が必要である。
特に待ち構えている多数のSiege Tankとの相手は非常に分が悪いので、
相手がSiege Modeを解除して移動を開始するまで一時撤退を考えた方が良いだろう。

HPの減ったHydraliskはLurkerへの変異元としての役目もあるため、死なせないように大事に使ってあげよう。

なお、パッチによりアンバロウの速度が0.71s→0.36sと倍近く上昇した。潜っておいてWarp PrismMedivacなどを捕まえると美味しいだろう。

アビリティ

Morph to Lurker
Morph to Lurker.png
Minerals.gif 50
Vespene-terran.gif 100
時間: 18s
ホットキー: E
HydraliskがLurkerに変異する。

変異にはLurker Denが必要。詳細はLurkerに。

Burrow.png
ホットキー: R
地面にもぐってクローク状態になる。ユニットによって、移動できたり攻撃できたりする。ユニットによってもぐる速度が違う。


アップグレード

Muscular Augments
Muscular Augments.jpg
Minerals.gif 100     Vespene-zerg.gif 100     Buildtime zerg.gif 71 Hotkey: G
研究施設: Hydralisk Den
Hydraliskの移動速度を25%増加させる。

移動速度が25%アップする、以前はこの研究だけで射程も増加していたがパッチによって2つにわかれた。
この研究がなかったWoL時代は足が遅くて使い物にならないユニット扱いされていたことを考えると超重要研究といえるだろう。

Grooved Spines
Grooved Spines.jpg
Minerals.gif 100     Vespene-zerg.gif 100     Buildtime zerg.gif 71 Hotkey: G
研究施設: Hydralisk Den
Hydraliskの射程を1増加させる。

射程増加の研究。最終的には必ず入れたいが、移動速度アップとどちらが先が良いかは状況に応じて判断しよう。
ちなみに↑2つの研究はHotS時代は別でLotv開始時に統合され、1回目の大規模バランス変更でまた別になるもすぐ再び統合され、今回また分かれた。
くっついたり離れたりの2人の運命はいかに・・・

Burrow
Burrow.png
Minerals.gif 100     Vespene-zerg.gif 100     Buildtime zerg.gif 71 Hotkey: B
研究施設: Hatchery
ザーグの地上ユニットがBurrowを使えるようになる。

使い方

Vs.TerranIcon.png Terran

Vs.ProtossIcon.png Protoss

Vs.ZergIcon.png Zerg

ユニット設定

初代Overmindの手によって、芋虫状の草食動物Slothienの胎児は悪夢に出てくるような殺傷兵器Hydraliskへと歪められてしまった。
装甲さえ貫く無数の棘をHydraliskは甲皮の内側に蓄えており、地上および空中から迫る敵に対して発射することが出来る。
Hydraliskの驚異的な筋組織(4000もの筋肉、Terranは629)は棘を恐るべき速度で射出し、射程限界からでさえ2cmのネオスチールの板をたやすく貫くことができる。
いかなる状況でも、Hydraliskの大群に接近する際には最大限の注意が必要であり、可能ならばSiege Tankの支援が望まれる。

ノコギリ状の下顎
最近の研究によると、草食のSlothienの巨大な下顎は強制進化の対象となりその力を増加させた。その噛む力は5000pond/inch²と推測され、Hydraliskの顎は肉や骨、ネオスチールでさえ簡単に切り裂くことができる。
鋭いトゲ
捕食者から身を守るためにかつて芋虫状のSlothienは麻痺毒を含んだ細い針に覆われていた。Slothienが同化された結果、もともと防御用であったこの特性は、極めて毒性が高く装甲を貫くほどの棘へと発達した。攻撃準備が整うと、Hydraliskの強靭な筋肉は収縮し、体から生じた強力な棘を一斉に射出する。
Slothienの比較的柔らかい肋骨から発達し、遺伝子操作によって強固にされた3本の鎌状の爪は接近戦において恐るべき武器となる。
骨からなる高密度の刃は高速で収縮する横紋筋に取り付けられ、少しの動きで強力な一撃を繰り出せる。その威力は狭く動きが制限された空間でも致命的なものとなる。
異常発達した代謝
Hydraliskは恐れ知らずの生体兵器である。彼らの内分泌と副腎の機能は兵器にするために改変され、戦闘に常時対応できるように化学物質が血中へと送られている。
変異したHydraliskの一部は発達した内分泌系に負荷をかけることができ、攻撃性と獰猛さを大幅に増幅させているようだ。 

出典 http://us.battle.net/sc2/en/game/unit/hydralisk

セリフ集

パッチによる変更履歴

2016/11/22

  • 「Evolve Muscular Augments」(移動速度アップ+射程増加研究)が2つの研究に分かれるようになります。
    • 「Evolve Muscular Augments」はHydraliskの移動速度を(クリープ上でも)25%増加させます。研究コストはMinerals.gif150/ Vespene-terran.gif150,研究時間は71秒です。
    • 「Evolve Grooved Spines」はHydraliskの射程を2増加させます。研究コストはMinerals.gif100/ Vespene-terran.gif100,研究時間は71秒です。
  • Hydraliskはクリープ上で他ザーグユニットと同様に移動速度が増加するようになります。移動速度アップ後も同様です。

2016/12/08

  • 「Evlove Grooved Spine」(射程+2アップ研究)が削除され、「Muscular Augments」(移動速度アップ研究)に射程+1アップ効果が追加された。

2017/3/7

  • HPが80→90に増加

2018/1/29

  • Muscular Augments(移動速度アップ+射程アップ研究)アップグレードを以下の2つのアップグレードに分離する。
    • Muscular Augments(新):移動速度アップ。Minerals.gif100/Vespene-terran.gif100/研究時間71秒。
    • Grooved Spines:射程アップ。Minerals.gif100/Vespene-terran.gif100/研究時間71秒。

2018/11/21

  • アンバロウ速度:0.71秒→0.36秒に減少。
  • アンバロウのランダムな遅延:0.36秒→0.08秒に減少。
  • 攻撃間隔:0.54→0.59に増加。