Oracle

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索

ProtossIcon.pngOracle
Oracle.png
ユニット分類空中ユニット
ユニット属性Light-Mechanical-Psionic
生産建物Stargate
コストMinerals.gif150Vespene-terran.gif150Buildtime terran.gif37Supply-protoss.gif3
対地上攻撃

15(+0)

  • + 7 (vs Light)
攻撃間隔(対地上)0.61
対地上DPS

24.59 (+0)

  • + 11.48 (vs Light)
対空攻撃

なし

射程4
耐久力Icon Shields.png60Icon Hitpoints.png100Icon Armor.png0(+1)
ホットキーE
移動速度5.6

ユニット紹介

ハラス、偵察、サポート、妨害をこなすプロトスのキャスターユニット。
エナジーを消費しての対地攻撃はLightユニットへの強いボーナスを持っており、その足の速さも相まってワーカーへのハラスが非常に有効だ。
ワーカーへのハラスはProbe,Droneなら2発、SCVなら3発で焼き殺せるため、対策が取れていない相手に行えば序盤から大きなダメージを与えられる。
他にも、敵ユニットや建築を一定時間、常に認識しつづけるスキルや、範囲内の敵ユニットを「拘束隔離状態」にするスキル等がある。
そのためハラスへの対応がされてしまった場合でも、失わずに取っておく事で、視界取りや時間稼ぎのサポートキャスターへと転向する事ができる。

と、思っていたらvZやvTにおいて大量のOracleを生産するマスオラクルオーダーが存在感を示すようになり、ハラスや偵察・サポートだけではなく、メイン火力として全てを焼き尽くすOracleの勇姿が見られるようになった。研究というのは本当に面白いものだと思いました(こなみかん)。よく考えれば高火力で移動も早いということで、その素質はあったのだろう。エナジーがネックではあるものの、一瞬で焼き切れば何の問題もない。メイン火力がサポートも偵察も妨害もハラスもこなすマスオラクル、みんなもやってみよう!

アビリティ

Activate Pulsar Beam
PulsarBeam.png
Caster: Oracle
EnergyIcon.gif 25 (-2/s)
Cooldown: 3
ホットキー: C
Charges the OracleのPulsar Beamを発動させ、発動中は地上ユニットに15 (+10 vs Light)の通常ダメージを与える。

Oracleは通常攻撃は出来ず、このアビリティによってのみ攻撃が可能。ワーカーに対して尋常ではない強さを誇り、敵が何の対策も取っていなければミネラルラインに飛んで行くだけでワーカーを10キル以上することも珍しくない。ワーカーでなくてもLightユニットにはかなりの火力を誇るほか、対LightユニットではなくてもDPSは25近くあり悪くないダメージが与えられるため、通常戦闘ユニットとしての使用も頭に入れておこう。。発動中は1秒毎に2エナジー使用するほか、発動ごとに25エナジーが必要なのでエネルギー切れには注意。
パッチによりLightユニットへのダメージが22に減少した。これによりSCV,Marineに3発かかるようになり、テランへの有効度は下がったので注意しよう。
なお、このスキルのダメージはスペルダメージなので味方や敵のアーマー・アップグレードの影響を受けない。

Revelation
Preordain.png
Caster: Oracle
EnergyIcon.gif 50
射程: 9
Cooldown: 3s
時間: 30s
Radius: 6
ホットキー: R
指定した範囲内にいた敵ユニット、建物の視界を30秒間得る。範囲内にクローク、バロウしたユニットや建物が存在した場合、それも看破する。

スキル使用時に指定範囲内にいたユニットの視界を確保しディテクトまでしてくれる。相手の軍全体にかけて動きを丸見えにしたり、Lurkerのような一定地点に潜って攻撃してくるユニットの視界をとり続けることも可能。
このスキルで視界を確保し、Tempestの超射程で殴るというのも面白い。パッチ4.0で時間が短くなったが、それでもまだ有効なスキルなのは間違いないだろう。

Stasis Ward
Stasis Ward.png
Caster: Oracle
EnergyIcon.gif 50
射程: 6
時間: 170
Radius: 4
ホットキー: T
対象地点にクローク状態で170秒持続するStasis Wardを設置する。敵ユニットによってStasis Wardが発動すると、21秒間範囲内の敵を完全に停止させる。罠にかかったユニットは攻撃を受けたりアビリティの効果を受けることはない。

簡単に言えばZeratulのUlt。罠にかかったユニットは攻撃を受けることもアビリティの効果を受けることもないため、停止してるからといってタコ殴りに出来るわけではない。
こちらの重要なテックが整うまでの時間稼ぎや、相手の軍の一部を無効化して戦闘を優位に進めるなどの使い方が有効か。Stasis Ward自体は第5の使徒にそっくり。
上手く決まれば21秒という長い時間、少なくない数の敵ユニットを拘束できるが、ディテクターによって看破されれば容易く破壊されてしまうし。クローク状態特有のグラフィックの歪みは健在で、ユニットを一体だけ走らせて誘発されてしまうことでも無力化されてしまうので過信は禁物。パッチ4.0で時間制限がついたほか、ザーグのLarvaCocoonには効果がなくなった。

アップグレード

無し。

使い方

Vs.TerranIcon.png Terran

Vs.ProtossIcon.png Protoss

Vs.ZergIcon.png Zerg

セリフ集

パッチによる変更履歴

2017/11/14

  • Revelationの効果時間:43s→30sに減少。
  • 「Stasis Ward」スキルはCocoon及びLarvaに影響しなくなった。
  • 「Stasis Ward」の持続時間が170秒に設定された。(現環境は発動または破壊されるまで持続)
  • 「Pulsar Beam」スキルの攻撃がスペルダメージではなくなった。(つまりArmorやアップグレードにダメージが影響する。)

2017/11/28

  • Pulsar Beam(攻撃スキル)のLightユニットへのダメージ:15(+10 vs Light)→15(+7 vs Light)に減少。またダメージはスペルダメージに戻る。
  • 生産時間を:37秒→43秒に増加。

2017/12/18

  • 生産時間を:43秒→37秒に減少。