Infestor

提供: StarCraft II: Legacy of the Void 日本語Wiki
移動: 案内検索
ZergIcon.pngInfestor
Infestor.png
ユニット分類地上ユニット
ユニット属性Armored-Biological-Psionic
生産建物Larva
必要な建物Infestation Pit
コストMinerals.gif100Vespene-terran.gif150Buildtime terran.gif36Supply-zerg.gif2
対地上攻撃

なし

対空攻撃

なし

射程
耐久力Icon Hitpoints.png90Icon Armor.png0(+1)
ホットキーF
移動速度3.15(+0.94 on Creep)

ユニット紹介

ザーグの地上特殊ユニット。自身に攻撃能力はなく、代わりに3つのスキルを使って戦闘の支援を行う。
機動力は意外と高めだが、少々身体が大きく的になりやすい。
高価な割に耐久力が低いので、決戦に投入する場合は必ず戦線を支えるユニットを前面に展開しよう。

初期状態でバロウ中にも移動でき、更に、Infested TerranとNeural Parasiteの2つのスキルはバロウ中にも使うことができる。
とはいえ、その真骨頂は高い面制圧性能を持つFungal Growthと言ってよいだろう。
いずれも非常にユニークな効果を有しており、使う者の腕と工夫が試されるものとなっている。

生産解禁に必要なInfestation Pitは、同時にHive変異への前提となる建物でもあるため、
Viperにも言えることだが)特殊ユニットでありながらも、テックルートを阻害しないという特性を持っている。

アビリティ

Fungal Growth
Fungal Growth.png
EnergyIcon.gif 75
射程: 10
時間: 1s
Radius: 2.25
ホットキー: F
指定した範囲のユニットに75%のスローを与える。また、クローク状態を無効化し、3秒間で30のダメージを与える。

敵の対象範囲に菌を撒き散らし、ダメージを与えると共に動きを一定時間阻害する。
ヒットしているユニットにもう一度、ヒットさせることで効果を更新する事ができる
真価を発揮するのは「多数のローテックユニットとの交戦」だ。

また、クローキング(orバロウ)状態の敵ユニットのクローキングを解除する効果もあるため、
クローキングユニットによるハラスへの対応や、多数のクローキングユニットを本隊に組み込む相手に対しても有効なカウンター手段になり得る。
更に、難易度は高いがバロウや空輸等で敵資源地に潜入し、Fungal Growth二発でワーカーを一気に溶かすという大胆なハラスにも使えたりする。

最大の弱点は、指定地点に使用してから効果の発生までに意外と長めのラグがある事だ。
足の速いユニット群に上手くヒットさせるには、足が止まった所を見逃さない瞬発力や、移動先に撃つような読み、それらを可能にする適切なユニット管理能力が要求される。

4.0パッチからスネア(移動停止)効果がスロー(鈍足)効果に置き換わるというnerfが入ったが、
範囲は若干増えスロー効果も75%と大きいので、その信頼性はほぼ損なわれていないと言ってよいだろう。
以前はバロウしながらこのスキルを使用できたが、パッチで不可能になった。
撃つ際は潜って近づき、撃った後はすぐ潜って逃げられるようにしよう。

Infested Terran.png
EnergyIcon.gif 25
射程: 7
ホットキー: T
Infested Terranを生み出す。Infested Terranは21秒間、行動することが出来る。

いきなりInfested_Terranが飛び出すのではなく、まずは卵の状態で射出され数秒後に孵化する、という過程を経て産まれる。
決してタフとは言えず、足も遅い…が4.0パッチで遠隔、装甲の基礎アップグレードが適用されるようになり、更に強力な対空攻撃も手にした。
その火力は大規模な交戦(特に敵のマスエアーに対して)でも十分通用するものだ。
プロシーンにおいても敵のマスエアーに対してこのスキルを使用する姿もよく見られるため、レイトゲームの重要な選択肢になったと考えてよいだろう。
キャスト射程は7なので、このスキルを使うために前に出過ぎないように注意しよう。

Neural Parasite
Neural Parasite.png
EnergyIcon.gif 100
射程: 9(14)
時間: 11
ホットキー: E
11秒間、指定したユニットのコントロールを得る。スキルの発動中にInfesterが倒されるか範囲14より指定ユニットが外に出た場合、スキルの効果は解除される。

ロマン溢れる乗っ取りスキル。決戦時に敵の高級ユニットを乗っ取りパワーバランスを一気に崩すことができる。
事前に解禁のための研究も必要で、消費ENも多い、射程は長いとは言えず、発生速度もまずまず。
コントロール中は移動不能の完全な無防備状態という様々な敷居の高さから上手く決めるのは至難の業。
とはいえ上手く決まった時の効果は絶大で、決戦を制する決め手になり得るポテンシャルを秘めている。
3.8パッチからバロウ中に使用可能になった。バロウから一気に敵の重要ユニットを奪い混乱させよう。

Burrow Move
Burrow Move.png
このユニットはBurrowしながら移動することが出来る。

バロウさえできれば、そのまま移動もできるしスキルも打てる。
Infestorを使うなら、バロウ研究は必須といっても過言ではないだろう。

アップグレード

Pathogen Glands
Pathogen Glands.png
Minerals.gif 150     Vespene-zerg.gif 150     Buildtime zerg.gif 57 Hotkey: G
研究施設: Infestation Pit
Infestorの初期energyが25増加する。

産まれた直後からFungal Growthを撃てるようになる。Infestorをキャスターとして継続的に生産するつもりなら是非入れておきたい。
生産時間の関係から研究タイムバーが半分を過ぎれば、それ以降に生産変異を開始したInfestorは全て初期75ENで産まれるぞ。

Neural Parasite
Neural Parasite.png
Minerals.gif 150     Vespene-zerg.gif 150     Buildtime zerg.gif 79 Hotkey: E
研究施設: Infestation Pit
InfestorがNeural Parasiteを使えるようになる。

ゲームが膠着し、Fungal Growthを当てられるような小物ではなく、危険な大型ユニットを相手にせねばならない状況へと移りそうな場合は、Neural Parasiteを研究しておいて損はない。
上手く決められるかは腕次第だが、軍の命運を賭けるに値するだけの可能性は十分秘めている。

Burrow
Burrow.png
Minerals.gif 100     Vespene-zerg.gif 100     Buildtime zerg.gif 71 Hotkey: B
研究施設: Hatchery
ザーグの地上ユニットがBurrowを使えるようになる。

入れることでバロウ移動が可能になるが、パッチでバロウ移動時の視認性が上がりバレやすくなったので注意しよう。

使い方

Vs.TerranIcon.png Terran

  • 対バイオ構成

MarineMarauderMedivacを主体とする高機動、高火力の編成へのカウンターとしてFungal Growthは高い能力を発揮する。
ただしSiege Tankを編成に組み込み、更に細かいドロップ操作でじわじわコンテインするような相手には少し厳しい。

Vs.ProtossIcon.png Protoss

機動力に優れ、数で押してくる編成には、Fungal Growthを撃ち込んでやろう。

  • Fungal Growthでの対マスエアー

PhoenixVoid RayへのカウンターとしてHydraliskの数さえ揃えれば確かに優位にはなるが、広い戦場を自由に動ける飛行ユニットに対しては、位置取りや機動力に劣るHydraliskだけでは致命的な内政ダメージを受けやすく、また逃しやすい。
そんなマスエアーの息の根をしっかり止めるには、Infestorを組み込んでFungal Growthでのキャッチが最もお手軽だ。ただし、押し負ける事がないように、撃墜役のHydraliskのアップグレードと頭数はしっかり確保したい。

  • Neural Parasiteを用いた対ロボ、エアー

対プロトスに関しては、Neural Parasiteが単なるロマンスキルと軽視できない程の効果を有する。
ImmortalColossusVoid Ray等の強力で、なおかつStalkerのアンチとしても機能できるユニットが中盤から何体か織り交ぜるようなプロトスには相性がいいのだ。何とか捻りだした少数のCarrierTempestを乗っ取れる可能性だってある。
ただしDisruptorだけは、上手く乗っ取って、上手くスキルを使って敵軍に撃ち込むという操作難易度の高さからロマンの域を出ない、決まれば破格のリターンを得られるだろう。

Vs.ZergIcon.png Zerg

こちらもFungal Growthが非常に効果的。ただし、その高い機動力から上手く当てるのは至難の業。
MutaliskのHPは120、やれない事はないがFungal Growthだけで殺し切ろうとするのは危険だ、足を止めさせる意味も含めてHydraliskQueenの援護を付けるのが堅実と言えるだろう。

セリフ集

パッチによる変更履歴

2016/11/22

  • バロウ中にも小さなコリジョンがつくようになりました。
  • 全てのスキルをバロウ中に発動可能になりました。

2017/5/24

  • Burrow.pngBurrow移動するユニットの視認性を上昇。

2017/11/14

  • Infested Terranの仕様変更
  • Fungal Growthスキルが以下のように変更。
    • 効果範囲:2.0→2.5に増加。命中したユニットの移動速度を75%減少させる。

2017/11/28

  • Fungal Growth.pngFungal Growthの効果範囲:2.5→2.25に減少。
  • Fungal Growth.pngFungal Growthはバロウ中に使用できなくなる。
  • Infested Terran.pngInfested Terranのキャスト射程:9→7に減少。